おすすすめの安眠できる低反発枕

コスパ良い安眠枕を紹介します。
主には肩こりの人でも安心して使える低反発枕を紹介します。

 

六角脳枕で安眠&快眠

六角脳枕は米国睡眠医学界の睡眠認定検査技術師認定の枕です。ネーミングの通り六角形の枕です。この形にしたことで寝がえりをうっても快適に頭を支えてくれます。また、表面が微妙な凹凸となっており、適切な頭の高さを維持できます。これで、誰でも安眠&快眠できるという枕です。

脳科学の研究から生まれた安眠枕

以前から人気が高くて、評判良い枕です。ちょっと不思議なネーミングの枕ですが、脳科学の研究から生まれた、安眠できる枕なのです。この形状になってる理由としては、人間の細胞が六角形となっているからです。いつも通りの寝姿勢でも安眠できますし、横に向いた寝姿勢でもしっかりと補助してくれる安眠枕です。

六角脳枕のサイズ、素材

  • 低反発ウレタン(低反発マイクロウェーブ加工)
  • 特殊製法の冷却材
  • 枕カバー:綿100%(ベージュ色)
  • サイズ:35センチ×50センチ×7センチ
  • 日本製
どこが販売してるの?
イッティが販売をしています。もともと、イッティは美容、健康関連のグッズを販売しています。マットレスや安眠枕などは、単なる道具、寝具ではなく、いつまでも使い続けたいと思うような、クオリティの高さが評判です。それもそのはずで、マットレスや枕などは、睡眠の専門医などと連携して、本当に安眠できるようなアイデアを取り入れているからです。

 

安眠枕とは

安眠枕とは寝てる姿勢を適切に保ちながら、首の痛みや肩こりを軽減して、安らかな気持ちで眠れる枕です。睡眠中に首や肩に違和感を感じて途中で起きてしまったりしませんか?それでは、なかなか安眠できませんし疲れもとれません。疲れをとるために寝てるのに余計に疲れてしまうという負の連鎖が起きてしまいます。

そもそも、安眠とは?

さすがに安眠の意味が判らない人は居ないと思います。一般的には、熟睡できること、ぐっすり睡眠できることを意味してます。ビジネスマンとかは、眠って明日に備えられる睡眠と難しい回答をする人もいます。安眠の概念は人それぞれですが、共通点は熟睡です。

 

おすすめできる安眠枕の選び方

おすすめできる枕の選び方の紹介です。

安眠枕の選び方は大きく分けて3つです。枕の反発力があるか、厚みがあるか、カバーが外せて洗えるのかの3点です。順番に解説をしますので参考にしてください。

反発力があるか

枕は硬すぎても良くありませんし、柔らかすぎてもダメです。硬すぎると枕と接している部位が痛くなってしまいます。柔らかすぎると沈み込んでしまい、枕と接してる部位の血が止まってしまって痺れてしまいます。なので、適度な反発力が求められます。

低反発枕

安眠枕と呼ばれる枕の殆どは低反発ウレタン素材が使用されてます。寝てるときでも頭や首周りを優しく包んでくれるような感触で違和感なく眠れます。低反発枕のメリットとしては、自分の身体の重さで枕の形状がフィットしてくるので、違和感がありません。

低反発枕の特徴としては体圧分散です。自分の体重がかかるとどうしても枕と接してる部分が痛くなることがあります。また、体圧分散できるので、身体の一部だけに負荷がかからりません。ですから、肩こりや首が痛くなるということがありません。

厚みがあるか

適度な厚みを持った枕が良いです。薄っぺらい枕では頭と肩の間の空間を埋められません。厚すぎると、枕が高くなってしまって、寝ていても顎を引いているような寝姿勢となってしまい、いびきが増えてしまいます。そうなると、寝るだけで体力を消耗してしまって、疲れてしまいます。

カバーを外して洗えるか

枕は意外と汚れますので、枕カバーを外して洗えるのが良いです。枕カバーが外せないタイプもありますので注意が必要です。

寝返りしやすい枕

寝返りしやすいというのも安眠枕の要素としては大切です。六角脳枕は形状がW字となっており表面の凹凸部をうまく利用して寝返りがしやすくなってます。肩こりなどで首が痛い人は、寝返りがし難かったりします。が、六角脳枕は寝返りのしやすさ手伝ってくれる安眠枕です。

 

枕に使われる素材・詰め物

枕に使われてる素材の紹介です。

そば殻の枕

枕には様々な素材が使用されてます。特に気にするのは詰め物です。枕の中に何が詰められてるのかということを気にすると良いです。昔からよくあるのは、そば殻です。通気性が良くてコスパが良いというメリットがありますが反発力が乏しく、枕の高さが不均等で不安定となります。そして、地味に硬いです。

パイプ・ストロー枕

プラスチック製のストローのような素材を小さく切って詰めている枕もあります。これも、そば殻の枕と同じように高さ調整ができませんし、不安定です。また、詰め物が動くとカサカサという音がして気になって眠れません。

綿・羽毛を使用した枕

綿、羽毛などを使用した枕というのは柔らかさを持ってますが、反発力がありませんので沈み込んでしまい、思っていたよりも枕が低く感じます。

六角脳枕の素材

素材は低反発マイクロウェーブ素材を使ってます。硬すぎない、柔らかすぎない、適度な反発力を持った素材ですので、沈み込んでしまう心配がありません。また、適度な高さを維持できます。また、温度変化し難い素材ですので、春夏秋冬通して快適に使える素材です。だからこそ、安眠枕です。

安眠枕の選び方 まとめ

安眠枕の選び方をまとめると、枕に使用されてる素材の反発力があるか、そして適度に厚みがあるか、枕カバーが洗えるかなどを気にしながら、値段と品質を照らし合わせて選ぶと良いです。また、枕に詰め物を使用してる場合は、枕を洗うことができないことが多いですし、詰め物がカサカサと音をたてることもあります。いろいろな枕があるので、じっくり探してみましょう。

選び方 POINT

  • 反発力の有無
  • 適度な厚み
  • 枕カバーが洗える
  • 詰め物を使用してるかどうか
  • コスト(値段)
  • 寝返りのしやすさ

 

正しい枕の使い方を覚えて安眠する

どんなに良い枕を購入しても、枕の使い方が間違っていると無意味です。実は、枕が合ってるかどうかよりも、使い方が間違っている場合が多いです。

安眠するには枕の正しい使い方、枕の本当の役割を知るのが大切です。枕を適当に使っていては安眠できません。

枕を正しく使うには、肩と頭の間の空間に枕を置くようにすると良いです。つまり、肩と頭の間の首の部分には空間ができます。寝てるときには、ここに負担がかかってしまいます。また、肩と頭は布団に接しているので荷重がかかるので痛みを感じてしまいます。

肩、首、頭をフラットな状態にしてあげるために肩と頭の空間に枕を置いて隙間を埋めて、身体の一部だけに負担がかからないようにするというのが正しい枕の使い方です。

安眠枕でいびきを予防

安眠枕を使うことでいびきを予防することができます。適切な枕の高さと適度の反発力で寝姿勢を正しくして、気道を確保することができるので、いびきを予防できます。枕を正しく使うことができれば、寝苦しい夜が快適で安眠できるようになります。

目次に戻る

 

寝てるときも首の湾曲(カーブ)を保つ

寝姿勢が正しければ、いびきを予防できますし、寝苦しさを感じることなく、安眠できます。

枕の重要性は、寝てるときでも首の湾曲を保てます。枕は頭を上げるためではなく、首の湾曲を適切に保ち、寝てるときでも正しい姿勢(寝姿勢)をとるべきです。凝りが治らないのは枕選びが間違えてます。安眠できるかできないかは枕選びで決まってしまいます。

姿勢が悪い人の共通点

日常生活のなかで、姿勢が悪い人の共通点としては、寝ている時に首が痛い、肩がこる、頭が痛いという症状です。安眠枕を使用するとよいです。

目次に戻る

 

人気の安眠できる枕

アマゾンから購入できる安眠枕を集めました。どれも人気がありますし、寝てる姿勢や体重による負担軽減を考えられた設計となっている枕です。

六角脳枕 | おすすめ安眠枕!
価格詳細
KURABOxASMOTコラボレーション スリープマージピロー
価格詳細
マルカピウーマ・メモリージェル枕 イタリア製
価格詳細
Dore第四世代 高級な変形枕
価格詳細
痛みの緩和と頸椎のアライメントのためのカイロプラクティック枕
価格詳細
F1F2 快眠枕
価格詳細
KANUDA ブルーラベル アレグロ シングルセット
価格詳細

 

横向き寝用の枕

仰向けに寝ると、首に負担が掛かる、腰が痛くなるというような理由から、横に向いて寝る人は少なくありません。そのための枕もありますので紹介します。

横に向いて寝ると楽だと感じるのは首や背中に体重負荷が掛からないからです。また、気道が確保されやすいので、呼吸がしやすい、いびき予防になるからです。たまに鼻がつまってるときに横に向いて寝ると、鼻がスーッとすることがあったりもします。その他、横に向いて寝るメリットとしては腰周りへの荷重を軽減できるので腰が痛い人にも良いです。

六角脳枕は横向きに寝ても使える

六角脳枕は枕自体が左右に開いた状態となっているので寝返りをうって横向きで寝てもしっかりとサポートしてくれます。また表面が微妙な凹凸があり、その凹凸部分に頭を滑らせておさまりやすくなってます。

また、いつも横向きに寝るという人にも使えます。

横向きで寝る人におすすめの安眠枕

六角脳枕 | おすすめ安眠枕!
価格詳細
ムーンムーン YOKONE3 横向き寝 枕
価格詳細
YOKONE2 横向き寝
価格詳細
東京西川 横寝サポート
価格詳細
横向きで寝る方法と横向き寝のコツ
横を向いて寝るコツとそのための枕、マットレスの必要性を説明していますので、読んでみてくださいね。
横向きで寝る方法と枕の関係

目次に戻る

 

おすすめの安眠枕の紹介 まとめ

安眠枕に必要な要素としては、寝てるときの頭の高さと位置を正しく保持できます。そのために、使用されてる素材の反発力の重要性、枕の高さの調整ができるなどの要素が必要となります。様々な安眠枕がありますが、米国睡眠医学界の睡眠認定検査技術師認定の六角脳枕がおすすめです!